引き出物のカタログの熨斗(のし)・水引はどうすればいい?

披露宴のゲストに贈る引出物には、熨斗と水引を付けるのが一般的です。
のしや水引には、色々な決まりがあって、それは行事によっても違います。
では、結婚式の場合は、どうするのが良いのでしょうか?

 

引き出物の熨斗(のし)の表書き

結婚式の引き出物ののしの表書き

熨斗の表書きというのは、のしの上の段に書き入れる内容のことです。
一般的に披露宴の引き出物の表書きは「寿」となります。

 

下段には贈る側の名前を書きます。
この名前は地域によっていろいろとパターンがあるみたいで、答えが決まっているわけではありません。
下記に、代表的なものを挙げます。

 

  • 新郎新婦の両家の名字を二つ並べて書く
  • 新郎の名字と名前を書き、その隣に新婦の名前を書く
  • 名字は書かずに新郎新婦の名前のみを並べて書く

 

結婚式の引き出物ののし(熨斗)

いずれも、下段中央に2列に、そして、新郎の名前を右に、新婦の名前を左に書くのが決まりとなっています。
新郎が新婦の家に婿養子として入る場合は、位置は逆となります。

 

昔は、結婚は家同士でするものでした。
特に、メインの引き出物は両家から、という意味があったので、両家の苗字を書くのが普通でした。
なので、メインをカタログギフトにする場合は、カタログギフトのほうに、両家の苗字を書いた熨斗紙をかけます。

 

ですが、最近では、結婚も個人同士のもの、と考えられるようになったので、新郎新婦の名前で、ということが多くなりました。
結婚式をする前に入籍をするカップルも増えてきたので、この方法がとられることも多いようです。

 

また、上記はメインの引き出物の書き方で、引き菓子や、縁起物など、メイン以外のひきでものの熨斗は、さらに何種類かの書き方があります。
のしを付けないことも多いようです。

 

また、地域によっても大きく変わってきますので、両親や式場のスタッフに聞いてみるのも良いでしょう。
特にこだわりがないのであれば、両家のパターンが無難かもしれません。

 

引き出物の水引の結び方

結婚式の引き出物の水引

水引は、熨斗紙の上にかかっている、赤や白などの紐のことをいいます。

 

慶事での水引の本数は決まっていて、大抵は、奇数の3本、5本、7本の中から選びます。
しかし婚礼での水引は10本一組の水引を選ぶのが決まりとなっています。
この10本は偶数という意味ではなく、奇数の5本を2束用意したものという解釈をしています。
この2束はいうまでもなく新郎新婦の両家を指し、この両家が婚姻をすることで結びあうと意味があるのです。
水引の色は紅白か金銀が定番ですが、向かって右側が濃い色の赤か金になります。
また赤金の組み合わせの時もあります。
そのときは赤が向かって右側になります。

 

結び方は、一度結んだらもう二度と繰り返さないように、という意味をこめて、「結びきり」の形をとります。
「蝶結び」は、何度繰り返しても良いお祝い事のときに使うので、結婚式では使用しません。

 

まとめ

引き出物ののしの書き方、水引の結び方などについて、ご説明しました。
上記でご紹介したのは、一般的な例です。
地域や家によっても、しきたりなどが違うことが考えられますので、一度両親に相談してみるのが良いでしょう。
両親だったら情報が古いことも十分に考えられるので、先輩あるいは結婚式場のスタッフに聞くのも良いでしょう。