引き出物にカタログギフトが人気な理由は?メリットをご紹介!

引き出物にカタログギフトを選ぶメリット

内祝いにカタログギフトを利用する人は多いのですが、引き出物についてはどうでしょうか。

とはいってもこの数年披露宴に出席したことのある人ならわかると思いますが、ほとんどの引き出物にカタログギフトが入っていたと思います。
今では引き出物の中でもかなりの主流になった感のあるカタログギフトですが、人気の理由はどのようなものなのでしょうか。
カタログギフトが人気の理由と、そのメリットについて、お話ししましょう。

 

カタログギフト、招待客側から見たメリットは?

ゲスト側から見た、カタログギフトのメリット

ご祝儀をこれだけ出したのに、引き出物がまったく利用価値のないもので辟易した。
ここまで考える人はいないかもしれませんが、使えるものがなくて、物置の奥に放置ということもあるでしょう。
中にはこっそりオークションに出したり捨ててしまう人もいるのだとか。

 

人の好みはそれぞれなので仕方がないことだとは思いますが、そんなことになるのは、招待した側もされた側も、いい気持ちにはなりません。

 

友人からの祝儀相場は3万円です。
半分の1万5000円が料理として、5千円が場所代、残りの1万円からが引き出物となると、カタログギフトは3千円から5千円になるでしょう。
昔はあまりいいものを選べなかったカタログギフトですが、最近は5千円のものが主流となってきてより良い物が選べるようになってきて、招待客の満足度も高いようです。

 

満足度が高い。
これが最大のメリットでしょう。
もちろんそれには、好きなものが選べるというメリットも含まれます。

 

実用性のない置物よりも食品や消耗品などが好まれるようです。
また、あまりかさばらないのも招待客側からすると、大変ありがたいことです。
カタログギフトは冊子だから重たいという声もありますが、食器セットや大きな時計など重くてかさばる物も今まではかなり多かったのです。
カタログはかさばるものではありませんし、重さにしても最近のカタログは素材についてもかなり配慮がされています。
招待客はゆっくりと家に帰ってお茶でもしながら選ぶという楽しみもあるのです。

 

結婚式を開く立場からみた、カタログギフトを利用するメリット

新郎新婦から見た、カタログギフトのメリット

招待客の満足度が高いのが一番です。
引き出物はほとんど均一のものになりますから、全ての人が満足するということは不可能です。
その中でも気に入ってもらいたいと思うとカタログギフトを選ぶのが、より多くの人に満足してもらえる可能性があります。
ブライダル用のカタログギフトは他と比べてもバラエティに富んでいて、全ての人がこれなら、と選んでくれることが多いので贈る側としてとても安心できるのです。

 

また、いただくであろうご祝儀の額によって贈りわけをする場合でも、カタログギフトだと、値段が違っても形状は同じです。
周りの人に値段がわかりにくいというのもメリットですね。

 

まとめ

引き出物にカタログギフトを選ぶメリットを、ゲスト側、招待する側の両方の面からお伝えしました。
多くの人に選ばれるのには、こういったメリットが多いからということがあるでしょうね。

 

先程もお伝えしたように、結婚式用カタログは、種類も豊富です。
カタログギフトってどうなんだろう…と考えている方は、一度、検討してみるのも良いかもしれませんね。